ホーム > ボワのこだわり

ボワのこだわり

仙台中心部から車で約15分。旧286号線を山形方面へ向かう鈎取にある天然酵母パンの店「オ フルニル デュ ボワ」。 築150年の馬小屋を改装した建物は、里山の面影を残す緑豊かな住宅地の一角に、静かな存在感をたたえ物語のように佇んでいる。 都会にあるブーランジェリーと異なりフルニル(パン工房)とは、町の青空市場などへ卸売りを行い、日持ちのするハード系のパンを作っている 田舎のパン屋を言う。 身近にパン屋の少ないフランスの田舎では、何キロものパンを家族で一週間ほどかけて食べる。 大きなパンは水分が逃げにくいため長期間おいしくいただける。 香ばしい匂いの漂う店内には常時、重さ1キロほどもあるカンパーニュから手頃なプチパンまで約30種類ほどのハード系フランスパンが並ぶ。 噛めば噛むほどに広がる小麦の香りは、かけられた愛情そのままの味わいをお楽しみください。

材料、粉へのこだわり

素材にもこだわり、北海道産の小麦に、全粒粉、ライ麦、塩には石巻産の伊達の旨塩など厳選した粉や食材を使用しています。自家製の小麦およびライ麦によるさわやかな酸味とモチモチとした歯ごたえ、一般的なパンと違い、飽きのこない味がボワの魅力です。

手間へのこだわり

天然酵母パンは、非常に手間のかかる作業を必要とします。
パン生地を1次発酵させ、前日から仕込み作業をおこない、パンの形成、さらにもう一度発酵、焼き上がり店頭に並ぶまで約2日間の工程を要します。深い味わい・香り・食感を生むため、近隣のパン屋には出来ない独自のパンのこだわりがございます。

安心へのこだわり

天然酵母のパンの店「オ フルニル デュ ボワ」のパンはとても栄養価が高く、ご年配の方やお子様連れの方、健康志向の方に支持されています。また、砂糖、油脂を一切使用しておりませんので、安心でカラダに良いパンです。

ページの先頭へ戻る